Val鯖の赤猫がへろへろ綴っている日記です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

海と青。
7月16日の海の日に因んで青の日。

という訳ではないのですが、一年ぶりのラーニング稼業再開。
相変わらず青魔のレベルを上げたいというよりも
覚えられる魔法を一個でも覚えたいと言う精神でごーです。

まずはカニのメタルボディ狙い。
ついでに亀のヘッドバッドも欲しいなという邪な思いから
北グスタの、セイレーンの涙が取れる川付近でキャンプ。

お ぼ え ね ぇ ('∇')

そもそもラーニング狙う敵の強さが楽でして。
武器を持ってると技出す前に倒してしまうからと
格闘でちみちみと削ってみるのですが
それでも、狙いのメタルボディを出すまで粘るにはカニが持たず。
後ろを向いてじっと待ってみるも、
シグネット効果で敵の攻撃スカりまくりで自分の忍耐力が持たず。

結局ほぼ乱獲状態で数時間、ようやくメタルボディだけラーニング。



後日、今度こそ最重要魔法のヘッドバッドを! と南グスタへ出陣。
低レベル上げの人がちらほらいるためか、
なかなか亀が見つからない上、見つけて倒しても覚えない。

貧弱な武器・防具で長々と時間をかけて削っている様がよろしくないのか
辻ケアルプロシェル等頂くこともしばしば。
本気で青魔法連発すればほぼ被弾なしで倒せる敵なので
非常に申し訳ない限りです。

覚えない覚えないやっぱラーニングって都市伝説? とか疑いつつも数時間。
ふと青魔法欄を覗いてみたら既にヘッドバットが。
どうやらラーニングログを見逃していた模様です。
い……いつ覚えたんだー!?ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

その後ウィンダス方面へ笹ワープし、羽根吹雪、ヘルダイブと順調に履修。
あとロンフォでパワーアタック・マヨイタケ・シープソングを覚えれば
残りは現在のレベルでは覚えるにきついと思われるいやしの風のみ。
つまり、もうちょいでラーニングが一段落!('∇')

と思ってたら、もうメッタ打ち・カースドスフィア・炸裂弾も
覚えられることに気づいてげんなり(´Д`)

BLU8→9
青猫は繭の中。
3連休中は中途半端ログインが続いたんで、

メタルボディよこせやーヽ(`Д´)ノ
結局、ちゃんとやったのは青上げくらいでした。

素手でぶん殴ってますが、立派な青上げの図です。
否、立派なラーニング中の図です。

獲物がぎりぎり楽くらいになっちゃって、
片手剣だと3〜4回くらいで(WS出させる前に)倒せてしまうのですよねぇ。

何か青魔やってると色々とこれまでとは違う気持ちになれます。
もうちょっとで倒せる→【やったー!】ではなく、
さっさと目的のWSを出せよ(で、覚えさせろよ)みたいな。

WS見るまで延々と敵の攻撃を黙って食らい続ける姿が不信感を煽るのか、
他ジョブ上げている時よりも見つめられまくった気がいたします。
じ、自分でもかなり情けない姿と思ってるんだから、
黙って通り過ぎてってくれーヽ(;´Д`)ノ

青魔法スキルが低すぎるのがよくないかと思い、
フットキックとスプラウトスピン連発で上げまくった成果が出たのか、
よーやく二つも青魔法を覚えられました。

ヘッドバッド(ry


コクーン。

それとバトルダンス。
これで某国の第一王子からダンスに誘われてもおっけーってなものです。
(まだレベル足りないけどな!)

BLU6→8

そして、特に頑張って経験値稼ぎしているつもりはないのに、
レベルは順調に上がり続けております。
でも、上がれば上がるほどラーニング宿題増えて青スキルキャップが遠のくんで恐怖。
レベル上がってがっくりなんて、青始めるまで想像もつかなかったぜー。

というか私、
アトルガンジョブは青でなくてコルセアやるつもりだったんですが……
おっかしいなー。


らーにん苦。
BLU4→6

ウィンダスに立ち寄ったついでにー
の気分で青魔再び。

経験値稼ぎってよりもラーニング狙いで、
カニ及び芋虫をげしげし。
レベル上がってからはヤグードもついでにげしげし。
で、ひたすら戦い続けること3時間。

お ぼ え ね ぇ ('∇')

ラーニングって、実はまだ未実装なんじゃね?(´_ゝ`)

既に青魔法を5つも覚えてる人間の発言ではないですが、
そうとでも思わなければおかしい限り。

結局、この日は一つもラーニングできず、
青魔スキルとレベルが2つ上がっただけで終わりました。
……何時になったらサルタ卒業できるんでしょうか(´Д⊂

それにしても青魔恐るべしなのは、
たまねぎ剣+眼鏡+エプロンという適当装備だってのに
おなつよ相手にも何も問題なく勝てることです。

それも、おなつよを狙って倒せたというのではなく、
たまたま戦った相手がおなつよだったと、倒した後の取得経験値でわかるって感じ。
少なくともWS1回撃つまでは後ろ向いて待ってるってのになあ。


青苦行。
今年の秘密情報は↓な感じでした。

チャット回数:196821
NPCに話しかけた回数:51063
パーティ参加回数:1433
アライアンス参加回数:126
戦闘回数:42401
戦闘不能回数:312
敵を倒した回数:24927
GMコール回数:2

去年や一昨年と比較すると、
全般的に順調に数字が伸びてる感じかな。
レベル上げ時間は減ったと思うけど、
裏とかに顔出すようになったせいかPT・アラ参加数もいい感じに上昇中。

あと、やっぱ意外としぶとく死なない模様。



構え。

手をがばっと広げて、

決め。

青魔法詠唱ポーズ。
それにしても撮影地とかバラバラやのう(ノ∀`)

コルセアのお次は青魔道士に挑戦。
青は自分にとって、とてもとても恐ろしいジョブです。
詩人始めた動機の一つが歌コンプリートしたいから(本当)なコンプリート気質としては、
やはり青魔法もコンプリートしたくて仕方がないからです。
できればコルセアのロールもなーw

ジョブ取得クエの改造人間気分が堪らないってのもありますが。
(でも、からくり士クエのタルのミスラスキー成分も実に実に捨てがたい)

てな訳で、レベルアップよりも青魔法習得を主眼において、放浪の旅。

花粉→バス入り口付近の蜂より2匹目でラーニング。
土竜巻→バス入り口付近のミミズより1匹目でラーニング。
スプラウトスマック→南グスタ灯台近辺にて、数匹目でよーやく。

ここまで終えた時点でサルタバルタへと出立。

種まき→難産でした(´Д⊂

まず、マンドラはWSが多いため、種まきをなかなか使ってくれない。
なので使うまで延々待つ必要がある訳ですが、
下手に攻撃力あるんで種まく前に倒しちゃうため手加減が必要。
倒したマンドラ数は少なくも、ひたすらに時間かかったと思う。

フットキック→種まきの合間にウサギにも手を出していたら、案外呆気なく。

んで、あとはカニのメタルボディと芋虫のコクーンをラーニングすれば
サルタ一旦卒業でロンフォに旅立てる!

素手でもWS使う前に殴り倒しちゃいそうだったんで
後ろ向いて、セルビナミルクや花粉で持ち堪え作戦取りつつ挑戦するも、
手持ちのミルク切れた時点でも覚えられず。

もしかしてサルタの敵との相性悪いんだろか……

BLU1→4



その後、LSの青魔さんのラーニングツアーに同行。
とは言ってもこの青魔さんはすでにLV67とハイレベルなので、
ラーニング相手も相応にハイレベル。
75からでも丁度なトロール相手に金剛身なるストンスキン効果WS狙いです。

2時間くらい粘ったんですけど、残念ながらダメだった模様。
撤収途中の帰り道、象の吸印狙いで一匹だけやってみるも、
ノミ野郎のせいで華麗に全滅。

青魔法コンプリートは茨の道ですな……