Val鯖の赤猫がへろへろ綴っている日記です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 憂きものはなし。 | main | 体験学習の旅はつづく。 >>
青装束を身に纏い。


40まではほぼ一人で、こつこつ上げていたけれど
この辺りからアビセア箱役とかも併用し始めてみたり。

BLU40→60

めでたく51を越えたのでAF取得の旅に出てみました。

まずは、片手剣・イモータルシミターが貰える「開門」。
クエ自体5つの監視哨の駐在不滅隊員に話しかけて回るだけですんで
戦績が減る以外は特に支障なくクリア。

実のところ面倒だったのはその前段階、クエを受けるまで。
受けるにはあのジョブ取得クエの占い師さんwに
またまた占ってもらえっつーことなんですが、
ジョブ取得直後のイベントがまだ見終わってなくて。

その後に占ってもらうも1000ギルも取られた挙句にクエ発生せず。
イベント後、ヴァナ一日経過した上で
エリチェンを挟まないとだめだったんだそーだ(´Д`)

AFクエ2つめ「兆候」。
これも「開門」をクリアしてからリアル日付越え&エリチェンで受領可能。
ちなみにエリチェン等する前に話しかけると普通の占いタイムとなり、
また1000ギルぼったくられるらしいですヽ(`Д´)ノ

ゼオルム火山にあるBCナバゴ処刑場にて
フランNM・Immortal Flanをぶち殺せとのこと。



赤90/忍で普通にげし殴り勝ちましたが、
終盤に入れた精霊がなかなかいい効きだったんで
クマ精霊だと瞬殺できる、かもしれません。

そのあと、AF足を作ってくれる職人さんが籠っているというエジワへ。



こんなところでリフレッシュに努める(?)お師匠様はいろいろとおかしい。
(多分褒め言葉のつもり)



AFクエ三つ目は「変容」。
発生させるには「兆候」クリアしてリアル日付越え&エリチェンして
またまた1000ギル払って占ってもらえとな(ーー;)

これも条件をちょっとでもうっかりすると(たとえば別ジョブだったとか)
またもや1000ギル徴収されるだけで「はい、また明日」なんすかね……

いろいろとヤバそげな人っつーかイカへの過程っつーかを拝見した後
ソウルフレアNMのNepionic Soulflayerとバトル。



75時代の頃はAFクエ3つ目で戦う敵としてはトップクラスの強さだったそうな。

というおっかない話は聞き知っておりましたし
それでいて、クリア報酬が見た目以外ではあまり心惹かれない頭だし
最終戦闘ポイントがナシュモ西からアルダザール遺跡(?)入ったところと
アビセアのせいでジュノ暮らしに慣れた身には遠くてねー。



そんなこんなのぐだぐだで行くのを散々渋りまくること約一か月。



が、実際にお試しのつもりで赤90/忍で突っ込んでみたら
普通にガチ殴りで、危なげなく勝ってしまいました。
正直、かなり拍子抜けでしたが勝ったんだからまあいいやw



見た目はかなり怪しく青らしくなりました。
が、頭は即行預かり帳行き(/ω\)
スポンサーサイト
きつねここんばんは〜きつねこです('∇')v

青AFおめでとうございます〜 自分も上げたいな〜とは
思っていますが、なかなか思い腰が上がらない状態ですw

ソロで勝てるんですね〜やってみるファイトがすごいです!
昔60キャップの頃の赤AF3のロボは最強と言われてましたが、レベルが上がっているといけるものなのですね〜
自分もモンクAF3のヤグにソロアタックかけてみるかな

すっかり寒くなってきましたので、体調に気をつけて
下さい〜

それではまたです〜('∇')の
きつねこ | 2011/10/22 01:19
>きつねこさん
ありがとうございます〜。

今はレベル上げ自体はアビセアやGOVで楽ちんですけど
青の場合、それ以外のところがきついですからねー。

難関と言われていたAFクエがまさかソロで突破できるとは
本当、レベルキャップの引き上げに感謝です。
プロマシアまでぶっ飛ばせましたしね('∇')

赤はソロだとお化けのが大変と聞きましたが
今だと楽に倒せるんですかねぇ。
後辛そうと言ったら白のとか。

あ、モンクのフーサルモ先生チャレンジ、楽しみにしてます(´∀`)
Malimo | 2011/10/28 23:38
COMMENT




※コメントは認証制です。
 また、スパム対策のため「http」を禁止ワードに指定しております。



Trackback URL
http://malimo.jugem.cc/trackback/1493
TRACKBACK