Val鯖の赤猫がへろへろ綴っている日記です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

黒ひとり・只今修行中。
先日の、裏ジュノに黒で参加した後の話。

裏でも黒で呼ばれることがあるとあっては
メリポとかマクロとか色々と拡充しないとまずい!
という訳で、黒ソロ修行兼メリポ稼ぎのつもりでゼオルム火山通い。

昔は二人でやってた火山プリン狩。
倒し方としてはワモーラ王子とほぼ同じく
精霊→グラビデ→逃げながら精霊魔法連打なのですが
王子のように伸び縮みを気にしなくてもよい代わりに
プリンは魔法を使ってくる分危険度高め。

古代や4系精霊やガ3、スリプガなど、
スタンで止められればどうということもないけれど
そういう時に限って他の詠唱中だったりスタンリキャスト待ち状態だったり。
またはグラビデが切れた時に他詠唱中orグラビデが以下同上だったり。
焦って唱えたバインドも殴られ中断、エリチェン逃げを狙うも遠すぎーとか。
はっきり言って死亡率が高すぎて、自分の下手さ加減にもうがっくり。

二人だとこういう危険が生じても、いい感じにフォローしあえるんで
こんなに死にまくることなかったんですけどねぇ。

あと、死にはしなかったものの、削り途中のプリンから距離を取りすぎて
タゲが切れてすーっと消滅とかげんなりなんてもんじゃありません。
だからと言って、消さないように気をつけすぎちゃったりすると
殴られまくって、いつしかグラビデまで消えて以下略。

ついで言うと、移動中に成虫ワモーラに絡まれて死んでたりもして。
一応メリポも少しずつ稼げてはいるのですが、
削れた経験値回復に費やした時間を思うと
何かすっごい無駄な馬鹿な時間過ごしちゃってるような気が(´Д`)
黒ふたり・卒業。
更新できなかった間にこちらもちみちみと。

70になってからも無数の(ワモーラの)王子様を退治すること幾星霜。
前は69だったこともあり、攻撃魔法の威力もまだまだ足らず、
グラビデレジも多かったりと苦労も多かった王子討伐ですが
レベルが上がる毎にそれらの苦難もだんだん解消され。

加えて70代は60代に比べて装備にいっぱい変化があったのもまた楽しく。



例えば、エラント装備。
赤だともう手でMPブーストくらいしか使わないんですけれど、
胴や脚のINT+やヒーリングMP+は最早感動的です。
(□の中の人が修正したくなる気持ちもわかりまs)

そして、歌詠唱短縮のために取ったイギト胴。
イギトの魔法攻撃力+5とエラントのINT+の
どっちが有効なのかは未だにわかりかねてますが
せっかく取ったのにあまり着ることがなかったから、
と黒でのレギュラー装備に。



あと、弱体スキルブースト用の頭だけですがイギラ装備も。
同じく弱体スキルが上がる脚や
見た目的には謎の紋様が浮かび上がる胴なんかも欲しいところですが
お財布の中身と金庫の空き的にいったんお見送り。

つか黒用に鎌も欲しいんだけど、どうせなら自作!
とか思っちゃったのが運の尽き。
サブの鍛冶スキルが足りません、
上げる費用が大変なことになりそうで億劫です。

それはさておきまして、途中からはワモーラだけでなくプリンも食すように。
たまーに来るスリプガが厄介ではありますが
体感的にワモーラよりも魔法の通りがよい気がして
あっさり溶け崩れてくれる印象。
落とすのが水クリとありがたいお相手でした(野草栽培的に考えて)。

んで。

BLM70→75

5月のアニバリングげっとの後押しもありまして、
何と75になっちゃったのでした。

黒ふたり開始から1年と2ヶ月。
今年になってから64〜75まで4ヶ月。

大きくブランクがあった割には早かったような気がしないでもないです。

なお、今現在75なりたてほかほかで、保険は僅かに1,000弱。
今後のためにはさすがに5桁は欲しいし、
せっかくだからフリーズ兇箸バースト兇任匹辰ーんと楽しみたいし、
精霊スキルも鍛えないとー!

といった感じで、やっぱり黒坂もまだまだ登り始めたばかりなのです(未完)。
黒ふたり・いつか王子様に。
ある意味黒二人上げの目標というか、終着点というか。
ゼオルム火山で王子様ことWamoura Princeさんを食べて参りました。

知り合い曰く、黒二人なら68から行けるそうで。
でもきっと種族とかメリポとか装備とかに多分大きな差があると思うんで
おとなしく69になってからの挑戦と相成りました。

ワモーラさんの特徴としてはまあ大体以下のとおり。

■リンクはするけどノンアク。
■物理防御状態と魔法防御状態があり、それは見た目で判断できる。
 縮んで丸まっていると物理防御、逆に伸びていると魔法防御。
■基本的に足が遅く、特に魔法防御モードでは更に遅くなる
 (グラビデ入ると更にもっと)
■長らく放置していると成虫(Wamoura)に変化する。
 (成虫は強すぎるので、沸いてしまったらエリチェン使ってイリュージョン消し)

ワモーラさん自体はゼオルム火山のあちこちにいらっさるのですが
我々はまだレベルも低めなので万が一のことを考えて
エリチェンが近くにあるG-7かハルブーンを経由したE-6辺りを拠点に。

その近辺にはワモーラが数匹いるのでリンクに注意しつつ
たまに沸く成虫ワモーラ(E-6だとDahakも)に絡まれないようにしつつ
二人でサンダー景佞蠅鬚箸蠅△┐挫,込み。
伸びた状態だったとしてもそれで縮んでくれるので
その形態変化を待って、気持ち一呼吸置いてからグラビデ。
入ってくれればそのまま二人で精霊→距離を取る→精霊な感じで倒し、
もしも二人とも入れられなかったらワモーラを寝かせ、
グラビデのリキャストを待ってもう一度。

なお、この肝心要のグラビデですが
弱体メリポ8振り+弱体トルク持ちの私でも
結構レジられまくりでとほほした(´・ω・`)
魔法防御モードの時だったからだと思いたい。

二人の撃破スピードとヒーリング時間を鑑みるに
二匹倒したところで最初のがPOPして実にちょうどよい。
一匹辺り皇帝の指輪込みで500前後頂け、
うまく繋がれば2チェーンで600貰えてとてもウマウマな限り( ´¬`)

BLM69→70

とりあえずウォータ顕魘悗任后
ストーン犬畔擦擦董淵譽犬蕕譴気┐靴覆韻譴弌
かなりの高ダメを叩きだしてくれるので実ににまにまです。
問題のレジは本当にもう酷い限りです。
レベル差がありすぎ相手なんだし
ワモーラは状態によってはダメカットもあるから仕方ないんだろうけど
渾身の厳呂二桁ダメだとすんごくげんなりですよ(´Д`)
黒ふたり・A卒業。
相方氏との黒二人上げ@エジワキキルン・第2弾。

先日までは略称Eキキルン(外多数)を頂いてましたが
さすがに旨みが薄れてきましたので移動、移動。

今度はワジャームE-10辺りから入ったところに住まうAキキルンさんです。
Eとは名前もレベルも違いますが、狩人キキルンなところは一緒。
なので、やることもEとほぼ変わらず、
むしろほぼ同じ魔法+αくらいで倒されてくれるAキキルン様さまであります。
ついでに言うと66の頃に皇帝使ってEキキルン狩った経験値と
67以降に皇帝なしでAキキルン狩った経験値が同じくらい(たいかんてきに)
こりゃー美味すぎですがな( ´¬`)

但し美味いが故か、ライバルPOP率は高めです。
獲物の数や環境(チゴーとか)的に棲み分けが難しく、
黒上げに行こう! と思っても人いるから断念、となったことも多々。
無理やり強行して、やっぱり手前は空いてなくて、
仕方なく奥をうろちょろしてChigoeさんに蹂躙されたこともあり。

ただ、オルドゥームリングでワープするところから比較的近く、
(しかもすぐ傍にチョコガールなお姉さん付)
狩場まで向かう労力が少なめだったんでぎりぎり何とかなった感じ。

BLM67→69

もっとここで粘れるのかもしれませんが、
上にも書いたとおり環境がイマイチなのでとっとと卒業なのです(`・ω・´)
黒ふたり・E卒業。
まず最初に勘違いの訂正。

前回の黒上げ日記の最後に、
これでエレメンタルトルクが解禁。
ダメージがどんな風に変わるのか、次戦が楽しみ(´∀`)
と書いてましたが、エレメンタルトルクで上昇する
精霊スキルはダメージに影響しないそうで。
参考:FF11用語辞典内「精霊魔法」

精霊スキルが使われているのはレジスト判定。
なので、レジが減る分ダメは安定するけれど
最大ダメージ上げるんだったらトルクでなくて
INT+のフィロマスストールの方がよいよ、という話。

なのでエレメンタルトルクを金庫に戻し入れ、
スリプル用のインフィブルトルクだけを持ち出してのEキキルン狩り。
サンダー靴硫魘悄INT装備の拡充もあってかさくさく狩れます。
その代わりEキキルンだけでは沸きが間に合わなくなってきたので
シーフキキルンや近くに生えてたミミズまで食べて、4チェを連発する形で。

BLM65→67

そろそろ一匹当たりの単価が絶妙になってきたのでエジワEキキルンは卒業です。
……ま、次もエジワの(A)キキルンなんですけどね(ノ∀`)
黒ふたり・黒くてもエジワ。
BLM63→64

新年早々のミラテテ様で64になりました('∇')
ついでに、久々に時間取れたので久々に狩りにも行ってきましたよ。

住み着いてたテリガンもさすがにまずかろうと目指せ、新天地。
とか言いつつも、行き着く先は馴染みのエジワなんですけどね。
ここの狩人キキルンのQiqirn Enterpriserが65から黒ソロで狩れるそうなんで
(63から狩ったタルタルさんもいらっしゃるそうだが)
じゃあ64の二人なら余裕だろう、と。

エジワのEキキルン狩場は二箇所あるんですが、
まずは初キキルンということも鑑みてエリチェンが近い方へ。
ワジャーム樹林のI-10の、エジワでエスケした場所から入る、
昔忍ふたりでダニや芋虫を狩った広場(J-9)の南の通路。
そこに狩人のEキキルンが4匹、シーフのLキキルンが1匹うろちょろしてます。

狩キキルンは一定距離を保って延々遠隔攻撃を仕掛けてきてくれるので
直接殴られたら詠唱中断の危険がありありな黒としては実にいいお相手。
ただ、HP減ると逃げ出して仲間をリンクさせまくる、らしい。
自分らがやってた時には仲間こそ連れてこなかったものの
詠唱範囲外まで逃げられて、魔法届かなくなって焦ったことも何度か。

ですが、それを鑑みてもやっぱり狩キキルンはいいお相手です。
二人して祁論採酲睨,鯢恒衂の3セット+α撃ったくらいで倒せて
しかもMPは半分くらいしか減ってない、てなくらい楽勝モード。

そこで調子乗ってがんがん倒しすぎたため、沸き待ち時間が無駄に長くなり、
仕方ないのでそこにいたシフキキルンもついでにつまみ。
シフキキルンは近接戦闘タイプなんで殴られて中断する危険性はあるものの、
気をつけていればまだ普通に何とかなるなる('∇')

と思っておりましたら、戦闘中に相方氏が赤玉状態に。
残った自分はがんがん殴られ、おまけに猫だまし食らってテラーで動けず。
テラーが直った後、確実に寝かせるためにスタンを入れようとしたら
そのスタンがげしげし殴りで中断されまくって、そのまま倒され。
そして、キキルンはまだ赤玉出しつつもその場に居残っていた相方氏を殴りに。

……気を取り直して、もう一度出直し(`・ω・´)
今度はもう一つの狩場、青魔クエでいく祭壇のある広場へ。
ここはノンアクたこやきがうろちょろしてるのでガ系厳禁ですが、
その代わり先ほどの通路より狩キキルンが一匹多いため、
うまく行けば4チェまで繋がる美味しさ。
ま、それでもやはり沸き待ちは発生するんで
シフキキルンも残さず食しながら広場をぐるぐるしまくってました。

BLM64→65

これでエレメンタルトルクが解禁。
ダメージがどんな風に変わるのか、次戦が楽しみ(´∀`)
黒ふたり・魚介類は続く。
今回のバージョンアップの私的最大目玉はコチラ。
NPC "Shami"に「獣人印章」と「獣神印章」を、
随時1個からでもトレードできるようになりました。
トレードした印章が一定以上の個数に達すると、
希望するオーブを受け取ることができます。

レベルシンクも気になりますけれど、
やはり自分の生活に直結するものが一番大事なのです。

つことで、早速ジュノ港のShamiさんに全部押し付けてきました。
神印章209枚、人印章430枚、計5枠も一気に減った!('∇')



今後の黒のサポ用にと赤上げしていた相方氏ですが、
それがようやっと赤37になったので
黒上げをちょこちょこと再開しておりました。
獲物は前と同じテリガンのカニさんです。
62になってからはカニ釣るに邪魔な魚も摘みつつ。

魚はたまにとてとて混ざってて怖い相手なんだけれど、
無事倒せると(特にチェーン繋がった時なんかは)実に美味しい。
その代わりアスピルで吸えないからMP的にはかなりきつく、
倒しきれなくて寝かせてヒーリング挟むこともしばしば。
そして、その寝かせがレジられちゃった日なんかにはもう(´Д`)

その辺のごたごたで、レベル上がったばかりの相方氏を
死なせてレベルダウンさせちゃったのがかなり反省(´・ω・`)

BLM61→63
黒ふたり・流転。
先日、念願の黒60になった後のお話。

さすがにそろそろクフタルも卒業しないとね、と
以前挑戦して諦めた白門すぐ外コリブリへ。
が、やはり古代×4+αでは潰しきれないところがネックで、
あと一撃なのに、その一撃が詠唱中断で撃てずに死ぬとげんなりで。

仕方なくクフタルに戻ってみたものの、
倒しやすいのはよいのですが、単価が下がってる分爽快感は薄く。
ついでにフェロー上げとかのライバル多くて蟹足りなくてやはりげんなり。
てことで新天地求めて洞門を飛び出してみることになりました。

飛び出した先はテリガン岬。
かつてはクフタル→(ボヤ)→テリガン→慟哭ってのが
基本レベル上げルートだった記憶があるんですけど
今やすっかり誰もいない砂丘と成り果ててしまったのですね。
エリアサーチしてもペット狩らしき40代とか、
スキル上げらしき人をたまに見るくらい。
ま、こちらとしては空いててラッキー! てやつですけど。

海岸沿いの、慟哭の谷へ続く洞窟に陣取って、食べる獲物はやはり蟹。
洞窟入り口付近に二匹くらい、もうちょい足伸ばせば更に数匹いるので
まったり黒ふたりする分には獲物数は十分。
倒して、ヒーリングして、さあ次いこかと立ち上がったら
ちょうど次のが沸いてくれる、いいペースで狩れます。

もちろんクフタル蟹よりかはHP多いんでしょうけれど、
今までどおりの古代×4でほぼ倒せる感じ(たまにレジ)。
それでいて経験値は上手くいけば3チェまで繋げて
アニバ有で600とか頂けるんで美味しい限り。
強いて言うなら、レベル的にOPテレポでまだ飛べない分
行くまでの遠さが難でしょうかねぇ。

BLM60→61

なお、この1レベル上げるまでの岬通いでいっぺんだけ自分死亡。
理由が「ラプトルはスニだよ」と自信満々に答えた直後の
ラプトル絡まれっつー辺りが泣けます(´Д⊂
黒ふたり・こっそり再開。
彼是4ヶ月近くログイン激減状態だったため
連絡事項以外の更新が途絶えておりましたが、
先週末辺りからぼちぼちと復活気味でございます。

とは言え、さすがに4ヶ月も離れると
いろんなことを忘れてしまっているんで
休止前のようなバリバリ活動は到底できそうになく。
メインジョブであったはずの赤でさえ
マクロの使い方忘れてますからねー……

てな訳で、ややリハビリ的な感覚で
相方氏と黒ふたり上げばかりやっておりました。
再開時の状況は二人とも59まで@1万くらい? な感じ。

まずはクフタルの蟹さんをフリーズ&バースト×2で
氷漬けびりびりにして早々に59到達。
59になってからは白門すぐ外のコリブリさん相手に同じことをしようとして、
しかしコリブリさんは色んな意味でしぶとすぎなため、返り討ちに遭うこと二度。
それまでは「コリブリ狩はスリリングで眠気には襲われなくていいねーw」
なんて言ってましたが、さすがに二回もあと一押しができずに死ぬと
「眠くてもいい、安全なのがいい」となり
再びクフタルに舞い戻って、蟹と蜥蜴を頂きまくって目標の60になりました。

BLM58→60

恐ろしいのは再開から60に至るまで数日しかかからなかったこと。
げにありがたきはアニバーサリーリング様々でありますね(´∀`)
黒ふたり・氷結蟹。
は不甲斐ない結果に終わりましたが、
今度こそ二人上げ第二弾・黒ふたり始動です。
一応目標は二人がLV60になるまで。
忍ふたりの時みたいに75まで一気にごー! とはならないとは思う。
多分。

ペット狩りはよくわかんないし、いつも人いるしで結局やめて
いつものクフタル蟹さんを苛めてみることにいたしました。
60-62の敵に55の二人だけで挑もうという辺りが我ながら無謀です。
とてだけを狙い撃ちしていたはずですが、
スリプルやら主要武器の古代のレジがそこそこ多く
不注意でお化け引っ掛けて死んだ等のアクシデントもいっぱいやらかしました
(主に私だけ)。

それも56に上がり、バーストを唱えられるようになった頃にはほぼ改善。
レジ具合にもよりますが、バースト1発フリーズ1発、
2人合わせて計4発撃てば落ちてくれる感じ。
55だとそれにブリザドII等で追い込みかけないと倒せなかったのになあ。
MP的にもアスピルだけで1戦分はもつし。
その代わり1戦終わったら長々ヒーリングで眠気がピンチにもなるけど。

女帝消化するまでを1セットで、数セットぼちぼちと重ねていった結果
今ではフラッドを唱えられるまでになりました。
……あとはフラッド(とついでにスリプガ2)をどうやって手に入れるか、だけだ。
サファイア亀さんはケチすぎるヽ(`Д´)ノ

BLM55→58