Val鯖の赤猫がへろへろ綴っている日記です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

リンバス二人旅・テメナス西塔(1)。

※7日のバージョンアップでLV90まで上げられるようになりましたが
まだまだLV85時代の時の話で書いてないのが幾つもあるため
しばらくはそういうお話が続きますことをご了承下さい。

北塔でひたすらに忍者素材の真田紐をお待ちする会('∇')
もよいのですが、それだと赤素材が永遠に手に入らないので
別の場所にも行ってみることにしました。

残る東塔でも西塔でも、赤素材のチャンスはありますが
東はひたすらにエレと召喚獣の塔。
忍&赤コンビとしては削るのがきつそう
&絶対運悪く召喚獣を引きまくるのが予想できたため、西塔へ。

西塔は運試しの塔。
素材だけでなく、回復、時間延長、どの箱でも
モンスターを倒せばランダムで沸く、ことがある。
運が悪いと箱が全くでないまま終わることも。
その代わり、北塔では箱は一個しか開けられなかったけど、
ここはどれを何個開けてもokなのはありがたい。

■1層 虎×9匹
てことで攻略開始、最初のお出迎えは虎さん。
3匹くらいで延長が出たのをいいことに殲滅してみる。
が、ねんがんの素材箱は赤でなく、侍。

■2層 マンドラゴラ×9匹
広場にわらわらと走り回ってるのを適当に釣ったら
2匹まとめて来るわ、カウンターとかで蝉がぎりぎり回り切らないわと
マンドラって見た目的にか弱い印象だったのに、意外と苦戦。

3〜4匹倒したところで面倒になり、残りはスルー。
しようとしたらワープ近くの3匹行進中のに絡まれ、何とか寝かせ逃げ。

■3層 カブト虫×6匹
これまでの1〜2層は赤が出るけど忍は出ず、
3層は赤が出ないで忍が出る。
相手がカブトということもあり張り切って殴りかかるも
3−4匹くらい倒したところで無念の時間切れ。



悔しいので後日再戦('Д')

■1層 虎×9匹
またまた素材でないかなー、延長もいいなー。
なんて思いながらげしげし倒し続け、気がつけば全部倒してた(/ω\)

その割に延長箱は出ず。
この時点で残り時間は10分を切っていたはず。

■2層 マンドラゴラ×9匹
なので、ここのマンドラを一匹倒したところで時間切れ。
ペース配分とか箱を欲張り過ぎないことが大事、ということを痛切に思い知る。



懲りずに更に後日にもう一度ヽ(`Д´)ノ

■1層 虎×9匹
とりあえず、入り口から4匹くらい倒し
延長が出なかったらとっとと次に行く、という方針で。
素材箱だけは出たものの、残念ながら詩人だったはず。

■2層 マンドラゴラ×9匹
マンドラはめんどい、といのが我々の総意と化しましたので
広場のを上手く一匹だけ釣り上げて倒し、次へ。

■3層 カブト虫×6匹
ここは、ここだけは全部倒す勢いで。
ちょっと時間が微妙だったけれども、
回復箱が出て、コンバやクマ精霊等で押せたため殲滅完了。

ここの素材も詩人だったような。
どんだけ詩人に愛されてるんだ(´Д`)

と、3連戦は素材面ではちと不甲斐ない結果に。

ただ、上手く延長箱が出てくれれば、
赤忍の可能性がある4層のトカゲも狙えそうな手ごたえがありましたんで
しばらくは延長箱さまの降臨を願いつつ、頑張ってみる所存(`・ω・´)
リンバス二人旅・テメナス北(2)。
前回のあれは、もうちょっと上手く立ち回れれば行けたはず、とテメ北再挑戦。

ちなみに、LV75時代でも忍ソロで1層目の箱は狙えたようなので
今ではサポ白ヘイストとかもあるし、少し楽になったのじゃないかと思います。
ソロだとさすがに2層目は厳しいんでしょうが。

またもや1層目の赤ゴブに絡まれつつも
(しかも戦士ゴブの小部屋に赤2匹を引き連れての3匹同時)
素材箱の中身がまたまたまたまたソレジャナイだったりしつつも
運命の2層目・巨人戦。

今度は巨人3匹だけを上手く1層からのワープ場所近辺に引っ張ることに成功。
前回の挑戦で戦士と狩人については寝かせさえちゃんとできていれば大丈夫なので
やはり課題は獣の「あやつる」の対処。

氏は当然ながら蝉張りつつ戦闘しているので、スリプルがすぐに通らない。
プガが使えれば一発なんですが、移動の関係上常にサポ白なため、
連続魔スリプルで巨人諸共寝かしつけることに。

思ったよりも魅了時間が長いのだけは予想外でしたが、
その魅了さえ何とかしちまえばただの巨人なので、普通に撃破。
箱開けても時間は余裕、余裕。

この調子で3層目も、と言ってみたいところだけれど、
さすがにそれは難しいと思うのでとりあえず2層までいいや。
でも1も2も忍者可能性がある訳だから、純粋にチャンスが2倍。
これは嬉しい(´∀`)

ちなみに1回目も2回目も1層目で出たのはコルセア素材の天蚕糸。
巨人が出したのはモンクの天竺金糸と青の輝金糸。
どれもこれも何故かひたすらに糸ばかり。
欲しいのはその糸でなくて、赤用の緋絹糸と忍用の真田紐なんだ!
って、そもそも北は赤出ないんだけど(ノ∀`)
リンバス二人旅・テメナス北(1)。
相方氏と二人でテメナスに何度か遊びに行ってました。
以下、そこに至るまでのぐだぐだ前置き。

昔々参加していたリンバス活動は
人数の減少等などによりかなり前に解散していまして。
が、自分はドロップしないとかロット負けとかが続いたせいで
なかなかAF強化素材が集められず(´Д`)
できればあれとかこれとか欲しかったなーと思っていて
しばらく後にソロや少人数でリンバスに突入する人の話を見て
ちみちみと相方氏と潜っていたこともありました。

時は流れて、レベルキャップが85になった昨今。
レベルが10も上がったんだから昔よりは攻略できるんじゃね?
てな考えで、またぞろ潜り始めています、というお話。



自分も相方氏もアポリオンの素材だけ持っている状態なので
残るはテメナス出土のものばかり。
とりあえず狙っているのは忍者と赤と黒。

まずは二人ともが欲しい忍者のを、ということで
第一層で忍が出る可能性のあるテメナス北塔に。
構成は赤(自分)&忍(相方氏)。

実はここにはLV75時代の頃から通い詰めていました。
その頃は主に火力と制限時間の関係で
第一層の箱開けて終わりでしたが、LV85の今ならどうなるか。

■1層 戦2赤4 ゴブモブ
赤ゴブを1匹でも倒せば次層へのワープがオープン。
戦士ゴブ2匹を倒せば箱3種がPOP。

1層だけでいいや的考えからすれば、
赤を無視して戦士だけでいいのですが
その赤ゴブが進路上をうろうろ徘徊しているため
これを上手くかわすことが、少人数攻略の第一ポイント。

敵の後ろをついていく感じで行けばよいはずですが
自分らはタイミングを度忘れしていたために見事絡まれましたんで
残念ながらそれについては書けそうにないんで他でお願いします。
確かネットに動画もあったはずなので
文章ではわかり辛くてもそれ見れば何となくわかるはずー。

てことで、やむを得ず赤ゴブを始末した後小部屋の戦士ゴブ一匹目を。
次に向かう途中の赤ゴブは上手く回避できたんで
続けて戦士ゴブ2匹目を倒し、箱POP。
当然素材箱を開けましたが、真田紐はいつもの失踪中。

■2層 戦モ獣狩 巨人
さて、予想通りそこそこ時間が残っていたので2層へごー。

2層のお相手は巨人4匹。
部屋の真ん中で突っ立ってる3匹を倒せば箱、
その周りを巡回しているのを倒せば次層。

真ん中のを釣って入り口近くまで持ってくるつもりでしたが
巡回巨人も引っ掛けて4匹同時戦闘に。
仕方ないので戦っているの以外は自分が寝かせ対処。
さすが巨人、一撃でストンスキン剥げたwwwちぬwwwww
とかいう状態で自分はわたわたしていましたが、
何とか戦士と狩人の2匹を倒し終え、残るは獣とモンクのみ。

獣さえ倒せば箱、ということでそちらを殴り始めたところで敵の2hアビ発動。
ええ、獣の2hアビなので「あやつる」=魅了。
相方氏が操られて、寝かせようとするも蝉でかわされ、
その間に残りのモンクさんがお起きになり、
自分は巨人2匹と相方氏にぼこぼこに殴られ、
氏の蝮刀のスタンまで食らったせいで何もできないまま死亡。

それにより、タゲが完全に切れてしまったので
巨人及び巨人のペットになってしまった相方氏はぞろぞろ広場へお帰りに。
その辺りで残り時間が5分になったようです。

どう考えても自分衰弱で残り5分では無理無理と
魅了切れと同時に相方氏は微塵、
自分はリレで起き上がってすぐさまクマテレポ脱出と相成りました。
浦嶋的地獄辺土。
ひっさびさーにリンバス活動始まる前ログインできました。
すげーぜ、このカテゴリの更新一年以上ぶりだぜ(;´∀`)

向かったのはアポリオンNE。
一番最後がダルメルがぐるぐる巡回しているところです。
なお、構成はシ忍侍侍白黒赤詩詩赤(私)でした。

一年以上ぶりってこともあり、はっきり言って何もかもに自信がなく、
おとなしーく皆様の後をついていくことに専念しておりました。
一応wiki開いて、敵の情報を確認したり、
うすらぼんやり覚えていた二層目の鳥にサイレスはしようとはしましたが、
もう一人赤の方がいらっさったお陰もあり、ロクに何もできてなかったよーな。
……大きなミスを仕出かさなかったことだけを喜んでおこう。

出た素材はエレクトラスタッズ、ファイアクロス等。
どっちもいまいち記憶にないものでしたが、
学者と青の素材なんだとか。
アトルガンジョブ素材、覚えきる前にリンバス休業に入っちゃったからなあ。
その頃実装すらされてなかった踊り子・学者は言うまでもなく。

しかし、「青」の素材がファイア(「赤」っぽい印象)
なのは何でなんだろ?(´・ω・`)



公式:http://www.playonline.com/pcd/topics/ff11/detail/4297/detail.html
ジョブ調整について その2 (2009/03/30)


白の時に「その1」と書いてあったので他ジョブのも来るとは思ってはいたけれど
まさか赤(と召喚)に来るとは……!
何年ぶりの赤だけへの修正なんですかね?w

■アビリティ「コンポージャー」追加。
LV50で習得。
命中アップ、白魔法・黒魔法による強化魔法
(ファランクスやブレスパ辺り?)が長持ちする。
その代わりに魔法や歌、忍術等のリキャストにペナルティ。

正直、よさげな使い勝手がちっとも思いつかないのですがーがーがー。
自分の戦闘スタイルだと
そもそも命中が足りなくなるような強敵を相手にしませんし。
よく使うストンスキンなんかは長持ちできるっても、
多分その前に殴られて消えるだろうし。
レベル上げでも殴れるように、という方向性を狙ってるとしても、
それでもリフレやヘイスト回しは求められるだろうし、
そうなるとリキャスト増えたらやりにくくなるんじゃ? という印象。

■エン況歪媛叩
LV50〜60まで二レベルごとに習得。
初段のみ属性ダメ、発動する度に一定値までダメ増加。
ついでに対応する属性耐性を低下。

これはまだ使いそうな感じ。
耐性が下がるので殴りつつも精霊ってスタイルもありになるのかなー。



あと、このセキュリティトークン。

公式:http://www.playonline.com/cis/jp/
スクウェア・エニックス アカウントならびにスクウェア・エニックス セキュリティトークンについて


しまった、PS2ユーザーだがこれは買わねばなるまい('Д')

購入特典が、モグ内でなくてもどこでも引き出せる収納
(それも収納数は鞄と同等)だなんて素敵すぎる。
倉庫に放り込んたあれとかこれとか、
収納数の関係で買うのを見送ってたあれとかが何とかなりそう(人´∀`)
テメナス中央塔2F(4)。
シ狩忍忍侍白黒黒詩赤(私)の10人でテメ中央塔2Fへ。
ここはエレ&召喚獣祭り・その2の会場(その1はテメ東)。

今までは召喚獣を倒した数に応じてかーくんが弱体される関係で
「炎(エレ、以下略)→雷→リヴァイアサン
 →風→タイタン→シヴァ→ボスかーくん」
と、エレ3、召喚獣3という割合で倒していっておりました。

が、実際には召喚獣ではなくエレを倒してもかーくんは弱体されるとのことで
今回の順路は「風→氷→火→水→雷→タイタン→ボスかーくん」。
エレの配置上、あっち行ったりこっち行ったりな感じですが
召喚獣はフロウで一撃死があり得る分あまり何匹も相手したくないですからのう。
(実際、今回のタイタンでも死者一名)

ボス戦時の、お付の光エレ寝かせといういつものお仕事も
サポ黒で自前スリプガがあったお陰もあり、安全かつ順調に完了。
でも、サポ黒だと道中のお手伝いはしにくい(バ系とかバ系とか)から
プガは黒さんに頼んで、サポ白参加のが今後はよいかもです。
あと一つ。
新年初裏のあとは今年初のアルテマ戦。
ナナ狩狩侍侍青青白白黒黒黒詩コ赤赤(私)の17名でごー。

当初では赤が自分だけ!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)という恐ろしい編成でしたが
最終的にはもう一名加わって下さったのでこっそりと胸を撫で下ろし。

で、アルテマ戦では初めてアタッカーPTにいたんで
「これはディシペ止めに集中すべき!」と決意していたにも関わらず
蓋を開けてみれば決意だけで終わっていたことに大反省。
追い込み時のクマスタンができていたのだけはまずまずですけれど。
(最初のは距離が遠くて不発、2発目も動いて中断してましたが!)

アルテマさんが落としたのは尾っぽが二つ。
残る希望者は自分含めて二名でしたのですんなりと取得。
こういう時に90とか極端な数字を出すのにはもうね┐(´∀`)┌


ナシラクラッコー
防13 精霊魔法スキル+5 召喚魔法スキル+5 魔法命中率+2
ヘイスト+1% Lv75〜 白黒赤召青

これでナシラ装束は胴以外揃ってしまいました。

というか、Uchinoリンバスは既に一年以上活動しておりますが
何故か胴装備とは縁がなく、ホマムが辛うじて1個だけ、
ナシラ胴に至っては未だにお目にかかったことがなくってですね。

このロット運が弱い私ですら4箇所揃えてしまった今日この頃、
多分自分以外の希望者も同様の状況な予感がこっそりひっそり。
……うっかり胴が出ちゃった日には厳しい戦いが待っていそうです(ノ∀`)
アポリオンSW(6)。
年末年始休み2週間ほどを挟んでの新年初リンバス。
アポリオンSWへシ狩忍侍白黒黒詩赤赤(私)で突入。

ブランクがあったせいなのか何なのか、
自分的にはまだいまいちエンジンかかってない感じで。
思いつく範囲の基本的やるべきことはやってると思うんだけど
一つか二つくらいすっぽり抜け落ちているよーな。
「何か忘れてる」とだけはわかるんだけど
それが何かが今になってもわからず仕舞いで消化不良。

……年末年始中は白でカンパニエってばっかで
赤で動くのはすんごく久々だったのを思い出してちょっと納得。

なお、攻略自体は途中でリンクったり時間が足りなさそげだったりと
微妙に危機感が漂いつつも無事にクリア。
古銭は場所柄少なかったものの
カーディナルクロスを頂いてほくほくでございました(*´Д`*)
にしにし。
火曜日リンバスで、テメナス西塔へ。
スライム他多数の、時間箱が運頼りなところです。

構成は戦シ狩忍侍白黒黒黒赤詩詩(私)。
リンバスでは恐らく初めての詩人で出動。
「たまにはマズルカ以外の歌を歌うのもよいかと思って(´∀`)」
とは吟遊詩人を移動用ジョブと勘違いしている某猫詩人さんの戯言。

前に詩人で真面目に戦闘に参加したのは二ヶ月前の、75になった時。
それ以来チョコボマズルカで爆走with弦楽器スキル上げしかしてなかったんで
やはり歌範囲を忘れていて、空回りしまくり。

歌を掛ける時ってどう見ても物理的不可能なケースがあるから、
「完璧な立ち回りに向けて努力はするが、
完璧でないからと言ってイライラしないように」と思ってはいるのですけれど。
でも、やっぱりかかっているべき歌がかかっているべき時にかかっていないのを
自分だけは確実に知っているのでその分勝手にイラついてしまう次第。
まだまだいろんな意味で精進が足りない。

なお、攻略状況は超スリリングかつタイトなスケジュールを押し付けられ
(≒時間箱が出ない出ない、出ても時間ぎりぎり)苦しかったなーという印象。
でも何とかクリア。

次の週にもう一回西。
この時はシ忍忍狩白黒黒詩赤赤(私)だったけかな?

前の回で苦労させた分中の人に配慮してもらえたのか、
序盤から潤沢な時間箱に恵まれ、というか時間余りまくりな勢いで
何するにしても時間だけでなく気持ちにも余裕ありまくりのままクリア。
同じ場所のはずなのに、何なんだ、この差は!



赤素材の緋絹糸をいただいたので、赤AF、やっと2箇所目打ち直しです。
前は帽子を打ち直したので、今度は頭と同じくらい必須な一生物、胴にしました。
ただ、打ち直し依頼して、帰ってくるのは月曜日以降。
その間、胴がないのはまずいかなーと日曜日の晩に預けることに。

足りなかった古銭は借りて、
ワーロックタバードと、緋絹糸とカーディナルクロスを持って、
日曜日にいそいそとジュノ港へ。

……レインボービロードも要るってことすっかり忘れてた。
競売在庫なし、素材すらも在庫なし。
(´Д`)
赤ければ、それで。
最近、集合時間にログインできないことが多くて
あまりリンバスに参加ささっておりません。
実に申し訳ない限り(´・ω・`)

なんですが、先日の「アルテマをぼっこぼこにしてやんよ(AA略)」戦
には何とか参加できました。
構成は狩狩狩ナナ侍侍青コ白白黒黒黒詩赤赤(私)。

アルテマ戦は毎度毎度終盤のアーマーバスター&シタデルバスター等で
盾含む多数が倒れたり何だりでぐだぐだになってしまうのですが
その対策の一環として盾PTをナナ白赤青コという構成にしてみることに。
狙いは魔法防御UP の眼が鈴メガスズロール(とエボカーロールのリフレ)。
青入りで高め効果が期待できる上、金剛身&ファランクス2もあるので
これで防御はかなり万全?(´∀`)
実際、ナイト2人は今回一度も倒れませんでした。

しかし、何故アルテマの野郎は
「今のうちにリフレって、後はスタン待機するぜ!」
と思ってリフレ詠唱してる時にディシペをかましてきやがるんでしょうか。
お陰で今回は最初の一回しか止まらずにしょんぼりです
つかリフレなんかせずに待っとけってことなんだろうけど、
実は既にかなり待った末のことで、
リフレとか切れ切れになってるんでついつい……

という心理を見越して、リフレ中にディシペしてきてんだったらすごいや!
とか思いましたが、ディシペはHP20%減れば発動なんでどう考えても妄想です。

今回のドロップ品は頭と、多分手。
頭は希望者が残り自分だけだったのでロット勝負なしで取得、
のはずなのに900台を叩き出す自分のロット運をどう思えばよいのやら。
ナシラターバン 防19
魔法命中率+5 敵対心-5 ヘイスト+2% 詠唱中断率10%ダウン
Lv75〜 白黒赤召青



赤ければよいと思って合わせてみた。
今は反芻していr
おめがとめだまと。
久々参加の土曜日リンバスは久々のオメガ戦。
ほぼフルメンバーだったはず、というレベルでしか構成を覚えておりません。

てか、久々だったためか最低限のリフレやらスタンやらはいいんですが
「オメガ戦って何すればいいんだっけ!?」
的なレベルで内心あたふたってました。
悪い意味で緊張感がなくなっておるのは実によろしくない。
次までにはもう一回勉強しなおそう、と思いつつも
今後しばらくはアルテマ戦に向けてテメナス巡りらしく
オメガさんにはいつお会いできることやら
(&復習内容を覚えていられるやら)。

オメガさんはやはり眼を落としたがる悪癖だけは治らないみたいです。
もう一つは辛うじて尾だったのでまだまし、
と思えるくらい慣れちゃいましたけどね。



火曜日はテメナス中央塔1Fへ。
構成はシ忍忍侍白黒黒詩赤赤。
少人数でも可、実際自分らも7人くらいでクリアしている場所ではありますが
魔法バリア嵌めを食らうと長々戦闘となり、犠牲者が出たり等心苦しいんで
こんくらい人がいてくれた方が気楽でありがたい。

倒す順はいつも通りお化け→鎌骨→ドラゴン→アーリマン→ウェポン→壷。
毎度毎度、強化されたアーリマン以下3匹にいろいろとイライラさせられます。
どいつもこいつも魔法持ちの癖にサイレスが入らない辺りが特に致命的。
(アーリマンはほぼ完全レジ、他2匹もレジ率高し)

が、この日の敵はレベルが低めだったのでしょうか。
それとも、いわゆる中の人が手加減してくれたのでしょうか。
はたまた今回から積極的導入のナシラ手の魔命+が効いたのか、
サイレスを始め、これまで阻まれてきた弱体群がたいかんwレベルにしても
比較的すんなり入る方だったような気がしないでもありませんでした。

それでも目玉と壷の魔法バリアには当然勝てないんですけどね。
掛け直しのサイレスが入る直前に、
カウンター的に発動させてくる辺りはやはり中の人が(削除)

最後の箱開けを任されたのは何故か幸薄い(らしい)私。
詩人素材のコイルドヤーン熱望の声にお答えして現れたのは
グリッターヤーン(召喚素材)とヤーン違い。
惜しい!('Д')