Val鯖の赤猫がへろへろ綴っている日記です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

二人でアビセア内外・ドミニオンとか色々。
LV21のナイトを上げたいという相方氏と一緒に
久々のアビセア外レベル上げ。
自分は黙想直前の侍28でお付き合い。

基本は砂丘でFOVの1ページめ受けつつ、
トンボとかカニとか乱獲。

最近はレベル上げつったらアビセアばかりで
去年のアニバリングとか今年のノベニアルリングとか
余りまくりだったので、ここぞとばかりに使いまくり。

なので、基本楽敵の乱獲のはずなのに
一匹当たりの経験値単価がなかなか素敵な数字でありました。
お陰でレベルもさくさくと上がって
代わりに素敵な単価は下がっていっちゃった訳ですが
その辺りはひたすら数を狩りまくることでカバー。

SAM28→33

氏がレベル30になった頃、こちらは33に。
こっそり目標の黙想げっとだぜーヽ(´ー`)ノ



さて。
相方氏のナがこれでアビセア入場可となったので、れっつアビセア('∇')
いわゆる一種のドミニオン上げっつーものを試してみようと思いまして。

まだ氷杖の試練(ワイバーンに氷〆300匹)が終わってなかったので
グロウベルクでのブリザドひゃっほいに付き合わせてみたのですが
LV30だとドミニオンの達成経験値が思いっきりカットされるんですねぇ。
90の自分が何千とか貰える横で一回600ぽっちとか悲しすぎる(´Д⊂

かといって、二人で(というか実質戦力自分一人で)
箱開けのみで経験値を稼がせるっつのも辛いので
一回辺りの経験値よりも回転重視で
ウルガランの玉ドミニオンに巻き込むことに。

この時は自分が忍者で出て、
できる時は遁術で〆るようにして青光も育てつつ。
たまに無茶して数釣りすぎて、死にかけ、
相方氏のケアルで回復してもらって助かったことも多々(/ω\)

あと二人で行ったのはウルガランのラプトルとかアルテパのドールとか。
ラプトルは青が光らないし、貰える経験値は低めですが、
ドミニオン受付場所から狩場が近くて楽ちんで
短時間にちょろっとやる分にはよろし。

アルテパのドールは人気すぎて周囲が重かったり
敵がいなくて困ったりしつつも、経験値的には美味しすぎ。
さすが人気狩場! という感じではありました。

まあ、さすがに全部が全部、二人でドミニオンで上げた訳ではなく
だいじ狙いの乱獲に参加して稼いだり何だりで90になったのでした。
実にめでたい('∇')
7日までの宿題・踊り子編。
次バージョンアップまでの宿題・その2は踊り子編。
こっちは42まで上がっていたから85時代はよかったものの
90になった日には割れちゃうのでレベル上げへ。

まずは戦士と同じく、ユタンガでFOVしつつソロ。
1ページ目受けてオポオポを探して、
でもいなくて、仕方なく弓ゴブを食べるところまで一緒(ノ∀`)

DNC42→43

その後は相方氏の侍38とシンクして
氷河の虎退治をしていました。
ここも以前、40前の踊り子や戦士上げで散々お世話になったところ。
回復役(踊り子)と火力前衛(戦士とか)だと
楽々狩れるってのは重々承知なので余裕、余裕。

DNC43→45

踊り子は5lv毎に新しいダンスを覚える訳ですが
45ではヘイストサンバを習得。
ドレインサンバと同居できないぽいのが残念。
格下のような、あまりダメ食らわない相手なら
ヘイストの方を使う、という選択もあるかもですな。

つことで、何とかレベルキャップが外れる前に戦士も踊り子もノルマ達成。
本当は祝・トレハン2解禁なシーフ(40)とか
たまに使う学者(43)なんかもやらなきゃなんだけれど
使用頻度的に後回し後回し、で('∇')
砂と雪でダンス。
バージョンアップから1週間以上経った今更になって
バージョンアップ前の最後の追い込み話。

それまでもちみちみとLVキャップが80になった時用に
サポジョブのレベル上げに勤しんできましたが
どうせソロでしか使わないしと、
ついつい後回しにしてきた踊り子(とシーフ)。
バージョンアップ目前のぎりぎりになってようやく重い腰を上げてみた訳です。

当初はソロでだらだらとやるつもりだったので、
東アルテパの蜘蛛狩りFOVをば。
いやー、これが思ったよりもずーっと楽ちんだった!

初戦こそTPがないからきついですけれど、
開戦前に蝉張って、ドレインサンバ桐戮辰討きさえすれば、
そこからしばらく離席していてもまだまだ平気(で戦闘中)。
多少被弾してても溜まっているTPでケアルワルツ踊り狂えばいいし。
まあ、かなり席を外していたはずなのに、
敵がまだまだ倒れてないという難点もあると言えばありますがw

その後、相方氏と一緒にまたまた氷河虎三昧なぞしたお陰もあり、
踊り子のレベルは目標の40を越えて41に。

DNC37→41

ついでに装備がほぼ同じなシーフでも同様にレベル上げして
こちらも辛うじて40に。
ただ、シーフはサポ踊でもまだケアルワルツ胸箸┐覆ったり
片手短剣だったんですっごく時間かかりました。
でもバージョンアップ後はサポ踊20で二刀流がついたはずだから
今後のソロ上げは楽になる、はず〜。

THF39→40

踊り子って前衛サポに便利だからとりあえず、という感じで
ミラテテやops中心でとっとと上げちゃったため
あまり実戦を経験していなかったのですが、
今回いろいろやってみて、意外と自分向きだったことが判明。

削り能力はあれだけれども避けるし、
万一被弾しても自前で回復できるので悠々とソロ可能。
二人上げ時でも組むジョブを選ばない、というか、
とりあえずがっつり削ってくれる前衛系と一緒なら困らない。
忍者上げの時に似た楽しみがもう一度! て感じで、
サポ云々を越えてもうちょい上げてみたくなりました(´∀`)

つことで、モチベアップを兼ねて
先日の裏ジュノで出土した踊り子AF2を持ち帰ってみた。
先日のおみやげ(人´∀`)
エトワールシュー
防16 HP+15 DEX+4 命中+3
ステップ命中率アップ
Lv73〜 踊
@30レベル! と考えると逆にモチベダウンになりそうなのが玉に瑕(ノ∀`)
学問の行方。
踊り子の時もopsだミラテテだと、
殆ど実戦を経ずにいつの間にやら37、でしたが
同じアルタナジョブの学者もちっとも負けてはいなかった、という話。

レベル上げ記録は一昨年の8月に17になったってのが最後。
そこから21まで来たところで一旦休止し、
白75になってopsやミラテテを学者に注ぎ込めるようになったので再開。

たまに暗黒な相方氏と二人でクフィムに出撃してみたりもしました。
昔はクフィムに狩りるのは殆どミミズonlyでしたけど、
今はFOVの自主訓練1ページ目が美味しすぎるのでカニ中心で。

黒ソロの気分でどっかんどっかん精霊打ちまくったら
タゲも取りまくって迷惑をかけたりしましたがそこはそれ。
敵が楽になって単価が落ちてもその分乱獲でカバー、
30近くまで延々と居座り続けたのでした。
その後はこれまた定番ルートになったグロウベルグのミミズを頂きまくり、
氏の暗黒が37になった後はops・ミラテテのみによる地道作業に戻り。

37まで@1,200になったところで使ったミラテテは800台だったので@400。
400ならops1回分だね! と余裕かましていたらまさかの選択ミスで失敗。
チケットは残り0枚だが、発行まで「あとわずか」。
……「あとわずか」≒5〜10分程度と誤解ってもおかしくないと思うんだ……

結局なつかしのリヴェーヌワートを取りに行きまして、
やっとこさ37になったのでした。

SCH17→37

これでサポ学完成! と喜びたいところなのですが
来週、次のバージョンアップでレベルキャップが外れるから
サポとしては40まで上げないとだめなんだよね……
特に学者は40で魔法の範囲化という超強力アビが待っているから上げぬ訳には!

もともとAF着てみたいが故にもっと上げる気ではいたんですけどね(/ω\)
踊らなかったけど、踊り子。
去年のクリスマスにレベル25になったよと記した後、
ぷつんと記録が途絶えていた踊り子上げのその後について。

DNC25→37

やっとこさサポ完成しました(´∀`)

当初は何か踊れればそれでいーや的扱いだった自分内踊り子。
それが何か世の潮流が前衛はサポ踊も持っておくと便利〜な感じになり、
んじゃ37にしとくべかなと決意したのは恐らく去年の9月〜12月の間。
そこから半年以上もかかったんかw

しかもレベルシンクやらヴァラーやらで稼ぎやすくなったにも関わらず
殆どがミラテテとopsの職業訓練・技術供与でちみちみだったという。

一応相方氏のレベル上げの付き添いな形で実戦も経験しましたが
所詮2人上げなところで普通の6人PT的立ち回りとかはさっぱりです。

つか、相方氏の狩人19にシンクしてブブリム入り口で狩ってたときは
脆弱な短剣一刀流の上、食事しなかったらもう超スカスカで。
一応ケアルワルツや挑発(二刀流ないからサポ戦にしてった)はしたけど
あまりの当たらなさと氏の素敵な削りっぷりとの差に、
何というか申し訳なかった記憶しかなかったり。

そして、37になった時も技術供与犬如
一週間分まとめてopsの日に@400というところでチケットが切れたため
その日はそこで落ちて、翌日に無事37達成('∇')
いやー正直、ここでopsしくじったらしばらく立ち直れなかったかもしれん。
(たまに会話スキップでボタン連打しすぎて、クリスタル選択をミスる)

その後、サポ踊完成記念で忍/踊で
過去ウィンクエ用キープス取りへ行ったものの
まだまだ使い慣れない&そもそも踊で実践を積んでいないためか
踊ることをついつい忘れがちであんまりサポ踊の意味がなかったり(ノ∀`)
同調の日々。
踊り子な相方氏と二人上げ色々。

あちらが27になり、もうクフィムミミズはまずいと嘆いておられまして。
ちょい前だったらその辺りのレベルのジョブないから付き合えないや〜
で終わったところですが、今の世の中はレベルシンク様々(人´∀`)

んで二人でコロロカのカニさんを苛めてみました。
この時のこちらのジョブは竜騎士。
あっちが踊り子だから回復はほぼ任せられるし、
火力強めの前衛なら特に何でもよかったんですけどね。
竜になったのは何故か装備が殆ど残っていたからです。
多分三国ドラゴンミッション用にと、
25制限装備を処分しないでいたんだろうなー……

初っ端からジャンプやWSを放つとタゲ張り付いてきゃーとなったりもしますが
全般的に竜な自分(とMikan、つかうちのCerulean)が強くて幸せでした。
その分、回復全般担当してた相方氏は大変だったかもしれんがw

DRG37→39



その後、29になった氏と今度はグロウベルグのミミズ狩りへ。
ミミズにはやっぱし遠隔攻撃だろう! と言うことでシーフでお付き合い。
何かちょっと前に同じところで同じことやってた気がしますがそこはそれ。

THF36→38

つことでサポシーフまで完成です。
レベルシンク、実にありがたやヽ(´ー`)ノ
気がつけば君ばかり。
相方氏の付き添いばかりではなく自分も修行、修行(`・ω・´)

踊り子のレベルが14、即ちケアルワルツ直前でお預け状態でしたので
とりあえずこれを何とかするべし的な気持ちで過去ロンフォへ。
視界に入ったミミズを片っ端からこれでもか! と殴り回り。
シギルリフレ・リジェネ完備のサポ白だったためか
ヒーリング要らずのほぼエンドレス殲滅状態。

15に上がってケアルワルツ覚えてからはもうケアルすら要らなくなり、
サポをモンクに変え、エンドレスは更に加速。
結局18に上がるまでずっとロンフォに居座ってました。
よわよわ楽相手だけれど、POPは早いから数だけはいっぱい倒せるし
この前のバージョンアップで経験値単価上がって尚のことよい感じ。

その後はランペールの墓のミミズでも同様の乱獲をいたしまして、
現在は踊り子レベル20になりました(´∀`)

DNC14→20

しかし、このところの相方氏付き添いや踊り子でのレベル上げ……
気がつけば場所こそ違えど、お相手がほぼ各地のミミズ様onlyなんですがw
ついで言うと、踊り子で次の狩場過去グスタミミズとか考えちゃってるし。
更に学者(現在カンパニエopsで必死上げ中)が今は18で
ランペミミズが丁度よさそうだったりするし。

何で君ばかり(´Д`)
付き人修行。
今度はサポ踊り子を育て始めた相方氏のお供で色々と。
むかーしは自分も踊り子でお付き合いしたものですが、
何のかので3つも差がついてしまっていたので別ジョブで。

まず、同レベルだった侍18で過去北グスタのミミズ狩り。
ここの拠点付近に沸くStone Eaterが18-21と丁度食べ頃なのです。

自分は弓侍に徹するつもりだったのでサポ狩で、
相方氏はサポモでひたすら殴りと、
どちらもケアル使えないという昔ならあり得ない組み合わせでごー。
なので回復は相方氏のケアルワルツ頼りでしたが、
概ね何とか回せていたのではないのかと。
強いて言うなら、私の弓が笑うしかないくらいに当たらな過ぎで困ったくらいか。

しかし対ミミズ戦でサウンドバキューム及びMP吸収が全く怖くないって
ある意味新鮮な感動を味わいましたですよ。

SAM18→20



その後、23にまで成長した相方氏にシーフ35で付き添い。
ええ、初レベルシンクですよ('∇')

で、クフィムの池周りミミズをげしげしと。
あっちが前で殴りつつの回復役で、
こっちは離れたところからぱしゅんぱしゅんってのは侍の時と同じですが
今度はシーフなので不意打ちでごっそり削りができるのでさくさく狩れた感じ。

あちらが24に上がり、二人して空蝉使えるようになってからは殲滅は更に加速。
しかし、クフィムはレベルシンクなPTがわらわらいてミミズは激しく争奪戦。
さすがに2人vs6人で、こちら挑発なしだときついですわな(´Д`)

THF35→36
だませない盗猫が掠め取っちゃった話。
自分が学者だーカンパニエだーとふらついていた頃、、
相方氏は黒のサポ用にと赤のレベルをこつこつ上げてまして。

自分は付き添えそうなレベルのジョブがないんで、
「がんばれー」と遠巻きに応援しておりましたところ
氏が30になった時にお呼びが掛かってびっくり。
……そう言えば、自分シーフ30だった!('Д')

まあ、そのシーフは20まで上げた後はずーっとどっぷりミラテテ漬けで
シーフらしい動きとか全く持ってさっぱりなのですが┐(´ー`)┌

ですが幸いと言うか、何と言うか、
獲物はグロウベルグの過去グスタから入ってすぐのところにいるミミズ。
ミミズ様相手なら下手に出来もしない不意だまをやろうとせんでも
かつてプロミヴォン対策に揃えた狩人装備で撃ちまくれば多分おkおk〜♪
と勝手に決め付け、その通り実行。

赤/忍な相方氏が片手剣二刀流エン付で前線で殴りつけてるのに対し、
シ/忍な自分は遠くからばしゅんばしゅんボルト撃ち、
余裕あったら不意打ちだけ決めに行く、てなスタイル。
遠隔攻撃だと一発一発が手動な分タゲ調整をしやすいので
あっちがやばそげになったらこっちが頑張る、という感じで。

たまにストンガとかストンガとかでどうしようもなくダメ食らいますが
ブラッディボルトの回復量が素敵すぎるので全く支障なし。

THF30→35

といった具合で何か恐ろしいほどに上手く回り続け、
気づけばレベルが35になっておりました。
ま、まさかシーフがここまで上がっちゃう日が来ようとは……ヽ(;´Д`)ノ
学問の足跡。
学者げしげし上げのその後を簡潔に。

11くらいまではロンフォで楽敵苛め、そしてラテに進出。
しばらく後コンシュのミミズのことを思い出し、グスゲン前に移動。
14くらいまで粘るもお化け3匹に寄って集られて帰宅。

次に思い出したのがランペールのミミズ。
レベル13召喚で行こう行こうと考えていた場所なので
それより一つ上なら余裕だべと判断。
少しは学者らしく? 精霊魔法連打でごー!
しかし、思っていたより削れず&MP消耗激しく。
ちんたらやってる内にストンガ様の手痛い洗礼を浴びまくって終了。

するもマダマダー!(`・ω・´)の心意気で突撃→敗走を繰り返していましたら
過去ロンフォのミミズを進められました。
LV10-12とどれもこれも丁度以下、なのですが
非力な学者が連戦するには丁度いい相手なのがある意味実情。

ここで16まで上げて、再び懲りずにランペミミズに挑戦。
精霊魔法ごすごすで倒せはするのですが、何というかこう……
物足りない?

これまでずっと超絶鈍器で殴って殴って殴り倒して、が日常だったもので
武器も構えずに遠くから魔法打ち込むだけっつーのが何か落ち着かない。
学者の性能を考えれば魔法戦のが
本来の戦い方とは頭ではわかっているんですがねぇ。

SCH10→17

そんなこんなで17にはなりましたものの、
その物足りなさ故に一旦休止状態なのであります(´・ω・`)



なお。
低レベルでの楽乱獲的なげしげし上げがあまりに楽しく、幸せだったので
ついつい放っておいた別ジョブでも同様の行動を取ってたり。

DNC12→14

踊り子さんで過去ロンフォミミズ退治をしてみました。
あと一歩でケアルワルツだ(´∀`)